7月24日~8月29日、iSING! Suzhou 2017国際青年歌手芸術祭は再び期限通りに開催された。世界各国からの優秀な青年歌手43名及び国際声楽専門家13名は金鶏湖畔に集まり、国際的な歌唱・文化コミュニケーションを展開する。芸術祭は研修と実演を兼ね、いくつかの歌唱・芸術関連の講座・イベントを企画した同時に、正式な音楽会を2回開催し、しかも初めて蘇州交響楽団と同じ舞台で出演する。
 
iSING! Suzhou 2017国際青年歌手芸術祭は開幕
   iSING! Suzhou 2017国際青年歌手芸術祭は7月24日~8月29日まで蘇州で開催される。トータルで15国からの43名の青年歌手は参加する。7月30日の夜、「iSING!へ入る初日」という音楽劇の登場はiSING!Suzhou2017国際青年歌手芸術祭開幕式音楽会の序幕を開けた。 [MORE]
iSINGの詳細
iSING!Suzhou夏の音楽会は蘇州博物館で上演
   8月5日、iSING!Suzhou 2017国際青年歌手芸術祭シリーズイベントの一つである「プッチーニ特集」夏の音楽会は蘇州博物館で上演した。イタリアの有名なオペラ作曲家であるプッチーニ氏の一連の著名な作品『ラ•ボエーム』抜粋、『蝶々夫人』抜粋などは歌手たちに歌われ、観衆らから盛大な拍手を浴びた。観衆らに作品を理解させ、オペラ文化を知らせるため、毎曲が始まる前に、簡単な解説を行った。 [MORE]
iSING!芸術講座が開講
   8月4日の夜、百名余りの音楽愛好家は蘇州文化芸術センターの牡丹ホールに集まり、アメリカスタンフォード大学の指揮者教授、iSING!Suzhou 2017国際青年歌手芸術祭閉幕式音楽会の総指揮である蔡金冬氏が中国で発展していた西洋古典音楽に対してのシェアーリングをよく聞き取った。 [MORE]
iSING!歌手達は斜塘老街で蘇州のグルメを味わう
   8月4日の昼頃、iSING!Suzhou2017国際青年歌手芸術祭の中国と外国の歌手達は昼休みの時間で斜塘老街でぶらぶら歩きながら、蘇州のグルメを味わった。これらの若者の目には、蘇州の美しさは見切れなく、蘇州のグルメは普通の一膳でも美味しくてたまらない。 [MORE]
写真で素晴らしさを説く