苏州工业园区――专题报道
     
 

現在の場所: 首页 > 特集記事 > 蘇州:267億元を投資し、イノベーション型経済のメインエリアを建設する > ニュース


中国科学院ナノテク研究所第二期及び蘇州独墅湖科学教育創新区集中着工定礎式
ナノ産業が集結 蘇州267億のイノベーション型経済メインエリアを建設

    蘇州発展イノベーション型経済がまた力を発揮する。11月15日、中国科学院ナノテク研究所第二期及び蘇州独墅湖科学教育創新区集中着工定礎式が蘇州工業園区で開催された。今回の着工式は中国科学院ナノテク研究所の第二期・バイオ産業園北区・蘇州ナノ城・蘇州ナノテク国家大学科技園及び大学科技産業園・ナノテクインキュベーション基地と新興産業基地・蘇州大学独墅湖 校区第二期(工科ビル)など7つの大プロジェクトに及び、総合建築面積は約470万平米、総合投資額は約267億元である。

    これは園区南部の科学教育創新区の新サイクルの開発建設が全面的に展開した事を意味している。ナノテク産業がリードする戦略的新興産業は来年・再来年の2年で初歩的に完成する計画である。

    馬明龍氏は次のように話した。7大イノベーション型プロジェクトの投資規模は大きく、分野は全面的、イノベーションチェーンも完全なものである。学校分野の研究開発項目もあり、インキュベーションプラットフォーム分野の産業基地コンテンツ建設もあるので、人材育成から科技研究開発・企業インキュベーション・産業発展の完全なイノベーションチェーンが形成され、プロジェクト完成後の科学教育刷新区は基礎施設のトップ、産業特色が鮮明で、イノベーション成果が顕著で、公共サービスが完全なイノベーション分野の有力地となるだろう。

    「産業の位置づけが新しく、影響力がより大きくなる。今回着工したプロジェクトはナノテクがリードする新興産業に集中し、園区と蘇州新興産業発展の方向と一致している。プロジェクト完成後の科技刷新区はナノテクなど新興分野で比較的完全な産業提携を形成し、科技刷新区も初期開発から全面的なレベルアップ推進の段階へ入った。」と馬明龍氏は話した。

2010/11/16