金鶏湖端午ドラゴンボートレースは盛大に開幕
   6月18の活動現場では、予選と決勝戦を経って、万人の注目と期待をしたところ、結果は出た。「12人のドラゴン300メートル直線レース」の男子組一位は「建研院」河海大学蘇州同窓会ドラゴンボートチーム、女子組一位は蘇州大学女子ドラゴンボートチームをそれぞれ獲得した。アウトソーシング学院ドラゴンボートチームは22人のドラゴン300メートル直線レースパブリックグループのチャンピオンを勝ち取った。ドラゴンボートレース組織委員会は受賞チームにそれぞれトロフィーとメダルを授与した。[MORE]
 
「ボランティア精神」は金鶏湖ドラゴンボートレースで光を輝く
   今年に設立されたSIP撮影ボランティアチームは現在30人のメンバーを持ち、撮影に対しての熱意で、皆は一緒に集まり、大規模なイベントと試合でボランティアに写真を撮った。蘇州金龍党群ボランティア服務ワークステーションは今年に設立されたばかりのボランティアチームであり、金鶏湖ドラゴンボートレースが彼らの初めてサービスを出した大規模なイベントであった。蘇州金龍党群ボランティア服務ワークステーションのボランティア梁婷氏は同僚達と一緒に、自分達の成長を目指して力を熱情高く貢献した。[MORE]
素敵な姿で登場し、偉い風格を現す
   6月18日午前、蘇州工業園区勝浦街道ドラゴンボートチームは2018「同楽江蘇」チャイナテレコム「天翼4G」カップ金鶏湖端午ドラゴンボートレースに積極的に参加し、勝浦青年達の若々しい活力と精一杯な精神状態を現した。初めて参加した彼らはパドルが折れたという目に遭ったのに、依然として1分43秒の成績でゴール地点に到着した。[MORE]
国民運動はドラゴンボート競技を促進する
   活動の現場では、市民たちは無形文化遺産の竜灯籠踊り及び評弾、昆曲などの伝統文化演出が鑑賞でき、モーターボートとジェット飛行船の水上ドリフト、小さいドラゴンボートとダブルカヌーの共演ショーを感じ、「広場の泡パーティー」と「3D立体彩色壁」の面白い活動を体験し、「インターネットで撮影コンテストを評価」などに参加できる。また、糖絵、影絵芝居、クリエイティブ手芸、テクノロジー新製品、人工知能なども現場で行われた。素晴らしくて様々な派生した活動は市民達に鑑賞でき、体験でき、味わえ、インタラクティブできる...[MORE]