2018バイオ産業提携フォーラムは園区で開催
   蘇州バイオ医薬産業園は2009年から初めてCBPFを蘇州へ引き受け、フォーラムの形で全業界の思考と発展及びエコチェーンにおける各リンクの相互交流を推し進める。今年は蘇州で開催した五年目であった。十数年以来、蘇州バイオ医薬産業園は常に世界一流なバイオ産業のエコ環境を構築することを使命として、ドッキングと提携を業務の中心として、全世界の資本、技術、人材、政策など色々な資源を整合し、完全な産業チェーンを作り上げ、イノベーション企業の集中と成長を加速させる。[more]

フォーラムでのアピール
   康寧傑瑞董事長の徐霆氏   
  資本市場の「誘惑」を冷静的に向き合う
   2017年10月、康寧傑瑞は米国と中国でステップ1の臨床研究が始まった後、自社開発したPD-L1抗体新薬KN035は日本で最初の患者への投薬が順調に完成した。2017年11月、康寧傑瑞の自社開発した卵胞刺激ホルモンKN015は米国から特許許可を... [more]
   開拓薬業創始者の童友之氏   
  資本市場はバイオ医薬イノベーションにもっと耐性を持つ
   香港の新政策は条件に合う企業に対して、とても良いチャンスだと思う。このチャンスをうまく利用すれば、イノベーションバイオ医薬企業のレベルアップにとって、非常に重要な一歩である。蘇州開拓薬業株式有限公司は2016年にイノベー... [more]
   杏澤資本パートナーの強静氏   
  投資者には固い投資原則が必要
   香港株式市場で登場した新政策は多くのバイオ医薬企業に資本多様化のチャンスをもたらす一方、将来、投資者の引退にもある程度役に立つ。投資者の立場から言えば、必ず自分なりの投資原則を固めなければならない。もし企業は資本市場... [more]
   BioBAY総裁の庞俊勇氏   
  企業にサービスを提供し、各資源と交流提携の橋をかける
   蘇州バイオ医薬産業園はいつも企業にサービスを積極的に提供し、資本の力で企業のイノベーション発展を推し進める。十数年の発展を経って、園内の多くの企業は既に研究開発の中期さらに後期産業化の段階に入った。資本市場への進出は... [more]