第四回蘇州•金鶏湖ビエンナーレが開幕
   今回のビエンナーレはテーマ展示会、周辺展示会、学術フォーラムなどのプレートを含め、学術交流、芸術教育、産業発展、公衆参加などの内容を触れ、市民達に高級文化芸術の盛宴をもたらした。当日、呉為山氏が学術面の主管を担当し、重点的に世に出された彫刻、絵画と設計三つのテーマ展示会は外に同時に開放した。江蘇省彫刻家協会秘書長の尚栄氏が展示会の企画を担当する中国青年彫刻芸術展示会は李公堤文化創意街区で開催され、二百点近くの彫刻作品を展示した。北京画院副院長の呉洪亮氏が企画者を担当する当代芸術展示会は蘇州風... ...[MORE]
金鶏湖ビエンナーレ特定フォーラムは園区で開催
   今回ビエンナーレの最も重要な部分の一つとして、「都市精神を覗き」-芸術が蘇州での伝承と再生という特定フォーラムは5月19日に開催された。国内外の芸術家は芸術と都市の関係を検討することから出発し、芸術の発展が都市建設への重要性をシェアし、中国社会の変革に立脚し、伝統の引き継ぎとイノベーション発展に基づいて献策し、蘇州の都市芸術を再建する。 ...[MORE]
200点の彫刻作品は李公堤文化創意街区に登場
   5月19日、第四回中国青年彫刻芸術展示会は李公堤文化創意街区で開幕した。本展示会では風格が多様で、思想が深く、制作が優れた彫刻作品200点近くを展示した。1ヶ月間ほどの露天展示で、彫刻芸術を本当に民衆の中に入らせる。 第四回金鶏湖ビエンナーレの三大テーマ展示会の一つとして、彫刻展示会は準備段階で全国各地から投稿作品千点近くを受け取り、専門家達の厳選を経て、最後は約二百点の作品を選出して展示会に参加させた。今回の彫刻展示会は特にビエンナーレ学術面の主管である呉為山氏の作品2点、及びドイツ、イタリア、ス... ...[MORE]
陽澄湖半島へ行き、当代の磁器を解読
   今週の週末、2018第四回蘇州•金鶏湖ビエンナーレ周辺展示会の一つとして、当代磁器装置芸術展示会は蘇州奕欧来で開催する。展示会では、芸術家の張明氏は最新創作した作品『雲語•山水』をもたらし、陶磁材料で中国水墨山水画の固有の伝承を打ち破り、芸術家が伝統水墨画への新たな理解を伝えようとする。陶磁器の外見から慣例を打ち破る張明氏の作品と違い、金貞華氏の作品-『悄然たる変化』と『方向』は陶磁器に違う中身を付与し、泥と火で人生の感悟を表した。芸術家は陶磁材料を媒介として、隠喩の芸術表現形式を通して、「生命」... ...[MORE]