蘇州陽澄湖半島観光リゾート区は蘇州工業園区北側、陽澄湖南岸に位置し、地域面積の24.39平方キロメートルの内、水域面積が約9平方キロメートルを占め、園区がレジャー産業を発展することと、アップグレート転換を加速する重点なプレートである。
   2014年以来、蘇州陽澄湖半島リゾート区は季節特色に応じて、「春で半島を歩く」、「夏で半島を楽しむ」、「秋で半島を遊ぶ」、「冬で半島を養う」という四季ブランドを打ち出した。観光リゾート区内の四季資源を利用し、一連の多様化活動を通じ、半島観光リゾート区でのレジャー観光の多面性を現れ、賑やかな都市のそばにある「桃源郷」をより良く作り出す。
 
 
 
オリエンテーリングへの「バージョンアップ」、夏日半島へようこそ
 
   蒸し暑い夏では、蘇州陽澄湖半島観光リゾート区の軽い風とロマンチックな星空は非常に期待されている。今年の「夏で半島を楽しむ」活動は「真夏の夜のFUN」をテーマにし、親子やカップルなどの対象に対して、静態展示と動態活動を結び合う形で、格別な夏日雰囲気を作り出す。 [MORE]
 
 
児童時代の面白さを見つけたドラえもん
 
   最近一ヶ月以来、半島観光リゾート区に位置する紫一川温泉ホテルはドラえもんを主役とした童話テーマ活動で、ドラえもんファンをたくさん引き付けてきた。5月末に中国に上映したドラえもん2017大映画のホットを利用し、賢くて、積極的、楽観的、勇敢なドラえもんのアニメイメージを人々の生活に持ち込んだ。 [MORE]
 
半島での特別な七夕
 
   8月末の七夕では、半島観光リゾート区は青年男女に「自由に勇敢に愛」といった真夏蛍光オリエンテーリングテーマ活動をオーダーメイドした。初めて夜中オリエンテーリングを試し、オリエンテーリングとバイク乗りの二つ特色イベントを合わせ、自転車オリエンテーリングとランニングオリエンテーリングを結び合う形で、星華街観光客センター→ラベンダー公園→仙桜湖公園→蓮池湖公園→紫一川温泉ホテル→重元寺→奕欧来ショッピ... [MORE]
 
親子オリエンテーリング、夏日半島を上手に遊ぶ
 
   7月15日午後、130余りの家庭は蘇州陽澄湖半島観光リゾート区の蓮池湖公園で集まり、面白い親子オリエンテーリングの大冒険を行い、体力と知力のダブル挑戦を受けた。これも陽澄湖半島観光リゾート区2017「夏で半島を楽しむ」シリーズ活動の一つであった。 [MORE]
 
半島を手軽に撮り、美しい瞬間を留め
 
   「手軽に撮影」半島撮影コンテストは「春夏秋冬」という四つの部分に分かられ、陽澄湖半島観光リゾート区の季節性の特色を重点に表す。観光客は瞬間撮影の形で、半島に対する美しい印象と感情を記録し、半島の自然風景とレジャー生活を十分に示した。 [MORE]