また学校が始まる日になった。新学期の到来に伴い、蘇州工業園区では数多くの小中学校と幼稚園が新しく使用し始まった。情報により、間もなく使用される6ヵ所の新学校は5月末に既に工事完成され、9月1日までに全ての検収を通った。これらの新学校は建築スタイルと建学理念上での特色を早速見てみよう。
 
9月から初めて使用される園区の新学校
   星匯学校は園区湖東の中心エリアに位置し、総床面積が66000平方メートルであり、周りの住民の入学ニーズによく満足できる。新しい建築は独特な外観で、現代スタイルをよく持っている。
   蘇州工業園区唯亭街道に位置する雍景湾幼稚園は数十種類のカラーをうまく運用し、心を込めて楽しい幼年時代の絵を手で書いた。同幼稚園は総床面積5800平方メートル以上であり、蘇州工業園区都市重建有限公司が工事を担当し、今年9月から初めて学生の入学を迎える。   蘇州工業園区第三実験小学校はレンガ赤色をメインな色とし、回字の形の建築を通じて、教学ビルを巧みに繋げている。
   ほかには、また車坊実験小学校淞沢校区、戈巷幼稚園、新洲幼稚園分園は新学期で子供達を静かに待っている。 [MORE]
1.png
2.png 星匯学校
   星匯学校の一番大きな特色は読書ということで、濃くて真実な読書環境を創り出す。星匯学校の中を歩いてみると、あちこちに「読書コーナー」をすぐ目に入る。「読書コーナー」では、先生と生徒達は本を読んだり、自由に交流を取ったりすることができる。その以外、中国風の建築は穏やかで、時代スタ... [MORE]
 
 
園区第三実験小学校 3.png
   園区第三実験小学校では、哺乳類、鳥類や多肉植物などと身近く接触•了解ができ、「エコ学校」という建設理念によって、子供達に自然との距離を近付かせる。「エコ」理念に頼り、学校は蘇州園林の景色を活用し、蘇州風情をよく持っている江南キャンパスである。 [MORE]
 
 
4.png 車坊実験小学校淞沢校区
   百年歴史を持っている古い学校の新校区として、淞沢校区は車坊実験小学校の理念を継承し、「田園タイプ」学校を打ち出す。
   車坊実験小学校淞沢校区は28000平方メートルの建築面積で、四年生、五年生と六年生を主な入学対象とし、最大で36クラスを収容できる。 [MORE]
 
6.png
新洲幼稚園分園
   新洲幼稚園分園の建築は海洋スタイルであり、それぞれの教室はヨットのように見える。子供達はこの海洋の中で自信に帆を揚げ、夢を持ちながら出航する。子供の霊性を啓発するために、幼稚園は演劇教育をポイントとし、子供達に対する認知教育、創造教育、審美教育などをゲームシーンに溶け込む。
   新洲幼稚園は開放建学の策略を実施し、「健康、協力、ハッピー」の雰囲気を提唱し、「仁愛、知性、勤勉、創新」の学風をキープする。国際視野で、「芸術性と教育性を一緒にし、伝統芸術と現代科学技術を一身に集まり、建築空間と自然風景を一体にする」という考え方を持ち、特色のあり、面白い楽園の創建に取り組んでいる。 [MORE]
 
 
7.png
戈巷幼稚園
   蘇州工業園区戈巷幼稚園では、教室の壁を展示ボードとし、そこに子供達の作品を展示する。幼稚園は体育と美術を重点な発展科目とする。体育に用いられる投げ器械や平均台などが完備で、ボール叩きや縄跳びなど色々な科目を開設する。学校は美術を生活化にし、わら文化やカニ文化などの地元特色文化に合わせ、美術教育の創意と個性を現す。 [MORE]