中国ーシンガポール蘇州工業園
     
  0
 
現在の位置: メイン > 特集記事 > 教育の優勢を発展の強みに転化へ > ホットスポット巡り
[文字サイズ  A  A  A]



イノベーション「エンジン」を起動して教育を加速


   蘇州工業園区十九年の道のりを振り返り、イノベーションは不可欠な要素となり、教育の発展においても同様である。多元化の教育様式の初歩的形成から管理体制改革の深化、また評価体制改革の改善まで、園区は現代化 · 均衡化 · 特色化 · 国際化の「四輪駆動」戦車にイノベーションの「エンジン」を付け加え、イノベーションの歩みが園区教育の発展のベスト記録となった。
   多元化様式が新たな天地を「支える」
  
園区では、西交リバプール大学、香港大学思培学院は中外教育提携の成功例とされ、「中国 サービスアウトソーシング第一校」と称される園区職業技術学院も高等専門学校の民間機関の発展のベンチマークとなっている。ここ三年来、教育経費に計43億元以上当て、全省の先頭に立ち、現代化の幼稚園、小中学校及び多元化教育特色のある学校が相次いで建設され使用開始した。

   蘇州大学附属中学校、西安交通大学附属中学校は名門大学と合作共同建設で教育品質を高め、博愛学校、仁愛学校など政府 · 民間共同建設の特別な教育が園区教育の人文的関心を表し、就学前教育で「民営+公式支援」、政府資金助成と公開入札などの教育運営方式を模索し、社会に高く評価され、シンガポール国際学校 · ダルウィッチ国際学校 · 蘇州中学校園区校 · 園区外国語学校などの多元化投入と活気にあふれた現代の新しい学校が急速に発展している。
   管理改革で「先試先行」を歩み始める
  
園区は蘇州大市の範囲内で先んじて教育の一体化管理を実現し、義務教育の優質均衡発展を促進し、事業機関の企業化運行様式で新たな一歩を踏み出し、専門学校の建学意欲を刺激した。また、蘇州市において先んじて校長職年給制を実施し、校長専門化の発展を促進し、全面的に「公開選抜、競争就職、択優採用」の雇用メカニズムで、分配制度改革を一層深化し、教師層の活気を刺激した。
   また、先んじて開始した「達標昇級」(基準に達成させ、レベルを向上させる)プロジェクトを実施して「老朽学校」のハードウェア施設向上、「新設校」内包深化を終えた上で、今年は都市優質学校ブランド建設を目標とする「新しい三年」プロジェクトを起動し、ブランド樹立、特色創出、有名校を建設し、全面的に「達標昇級」学校の運営水準を向上させる。公立幼稚園と民営幼稚園の相互協力メカニズムを創設し、民間幼稚園の発展を加速させ、各学校の共同発展を促進する。

   評価制度を改善し、人材チームに新しい風貌を示す
  
三年間で優秀教師を1500余名導入し、全区専任教師学歴合格率が100%に達した。「名師仕事室」プロジェクトを起動し、教師発展共同体を組み立て、より一層「名師名校行動計画」を推し進めると同時に、在職訓練、海外短期研修、専門家指導、教育改革実践などを通して、名教師 · 名校長の育成を促進する。



2013/10/25